MENU

好きな男性に告白した後に気まずくなってしまうのを防ぐ4つのポイント

ずっと好きだった彼に告白をしようかと考えている女性が気になることは、断られた時に相手と気まずくなってしまったら
どうしようということです。
告白して上手くいけば問題ありませんが、時には告白して相手に気持ちが届かない場合もあります。
そういった場合にどのように対処すれば、彼との関係が気まずくならないのかについて考えていきます。

 

1.勢いで告白をしない

告白をする時はついつい気持ちが高まってしまって、気持ちを伝えたいという思いだけが先行してしまう場合があります。
しかしこれでは上手くいかなかった時にどうしたら良いか心の準備もできていないので、告白をする前に冷静になって心の準備をしておきます。

 

上手くいったらそれで良いですが、彼に曖昧にされた時にどうするか?断られた時にどうするか?をあらかじめ考えておき、
気持ちの整理をつけておきます。

 

2.気持ちを落ち着ける時間がとれる時を狙う

告白する時のタイミングをしっかりと考えて告白することが大事です。
告白した後に彼に会わなくて良い期間がとれる状態などで告白をすると、断られた場合でもその期間に気持ちを落ち着けることもできます。

 

また告白を断られる側だけでなく断る側も気まずいと感じるものなので、彼のことを考えても休み前など良いタイミングで告白するのがベストです。

 

3.元の関係になれるように頑張ってみる期間を作る

告白して上手くいかなかった場合には、なかなか元の状態に戻るのは難しかったりします。
しかしせっかく彼と作ってきた関係が壊れてしまうのはもったいないことなので、一定期間関係を修復できるように
頑張ってみます。

 

その期間にはできるだけ彼が気を遣わずに接してこられるように、重いメールを送らない、笑顔で接するなどに気をつけてみましょう。一定期間頑張って無理なら、それはそれで仕方がないと思うことも大事です。

 

4.気持ちを切り替える

告白して上手くいかなかった場合には、彼に告白して振られた事実がなかったように普通に振舞ってみることも効果的です。
こういった気持ちの切り替えが上手であれば、彼にとってはそれが魅力に映ることもありますし、自分に告白してきたのに気持ちが変わってしまったのかな?と逆に意識して上手くいくこともあります。

 

おわりに

告白をする前は上手くいくという前向きな気持ちでアタックしたいものです。
しかし必ず成功するという保証はないので、彼との良い関係を維持したいと思うのであれば、少しだけこういったことを
考えておく必要がありそうです。