MENU

「モテない」を理由に何の努力もしていないあなたへ送る自分改革のコツ3選

自分が「モテない」ということ自体を「モテない」理由にしてしまってはいませんか?
しかも「どうせモテないから努力をしても無駄」という思考の裏には「それでもいつか自分を好きになってくれる人がいるかも」という甘い考えが隠れていることも。

 

でも「モテない」なら脱却しない限り「モテる」ことは一生ありません。
そのかわり、意識を少しずつでも変えていけば、その努力は必ず実ります。

 

ここでは、はっきりと自分で「モテない」自覚があるあなたが今日からすぐはじめてほしい、自分改革のポイントをまとめています。

 

手入れをする

 

モテる人ほど手入れが行き届いています。
といってもいきなり全身くまなく手入れを始めるのは無理。

 

優先順位は「髪>肌>靴」。
服やボディはこの後です。

 

髪は男性からみて非常に注目度が高い部分だけに、まずはこまめなブラッシングで艶キープ。
肌はスキンケアと同時にムダ毛の処理を、靴は汚れたスニーカーを脱して、きちんと磨いたパンプスを。

 

これだけでも、男性があなたを見る目は格段と変わってきます。

 

ちなみに、髪はバサバサ、メイクはほぼすっぴん、なのにネイルだけはアートまでばっちり、という人もたまに見ますが、モテない女子の典型と思ってください。

 

顔を上げる

 

モテる人は相手の目をみて会話をします。
が、これもいきなりはハードルが高すぎるので、普段の生活から練習しましょう。

 

PC画面をうつむかずにまっすぐ見る、鏡をみながら歯を磨く、電車の中やちょっとした待ち時間にスマホを見るのをやめる、など、できるだけ「チンアップ」して過ごすことで、姿勢もよくなり、雰囲気も明るくみえてきます。

 

2文節以内で話す

 

目をみて話さない人ほど、だらだらと単語をつなげて喋り続ける傾向にあります。
これは異性をかなりうんざりさせるものなのです。

 

「ほんとうですか?」「そうなんです」「それは○○です」「○○ですよね」、と2分節でも十分に会話はできる上に、ぱっとみてわかるように、感じの良い言葉が並びます。

 

ここに顔を上げる練習の成果を発揮すれば、完璧。
モテるには、あれこれ話題を長引かせなければいけない、ということはありません。

 

おわりに

 

いかがでしたか?
はじめは面倒、難しそうと思っても、モテの実感が出てくると努力が楽しくなってくるはず。
それこそが、モテ女子がモテをキープしている秘訣です。

 

そしていつのまにかそれが日常になれば、あなたも晴れて「モテない」を卒業、というわけです。

 

参考:http://uranai-hukuen.net/